夜勤専従看護師のメリットやデメリットについて

夜勤専従看護師の良い部分と悪い部分

3交代制や2交代制が一般的な病棟看護師の仕事のシフトです。 人によっては日勤のみや夜勤専従というった固定シフトの勤務もあります。 個人の体質や考え方によって、どのシフトが良いのかは違ってきます。 今回は、夜勤専従看護師の良い部分と悪い部分について考えましょう。

「夜勤専従の方が楽という考え方」と「夜勤専従は体力的に辛いという考え方」です。

まずは「夜勤専従の方が楽という考え方」です。 もともと看護師業務が体力的にハードであるという理由は、夜勤シフト勤務があるせいではないのです。 看護師の体力や気力をなくしてしまう原因は日勤と夜勤が混在しているシフト勤務でしょう。 人間にとってサーカディアンリズムが重要だからです。

サーカディアンリズムとは活動時間と睡眠時間のリズムのことです。 1日25時間が人間の体内時計です。 ですから朝日を浴びて時間がリセットされない限り、眠る時間は毎日1時間ずつ遅れてきます。 人間に向いていないのはこのリズムを狂わせるシフト勤務なのです。

例えば、日勤>深夜勤というようなシフト勤務を考えてみましょう。 夕方に日勤が終わって深夜まで眠りたくても難しいと思います。 朝7時に目覚めた人が夕方6時に眠るのは無理な話で、眠る時間を遅らせる方向には調整できても逆は困難です。それは人間のサーカディアンリズムに対し逆循環になるからです。

理想的には毎日朝起きて夜眠るのがベストです。 ですが勤務でそれが不可能ならばサーカディアンリズムに反しない生活習慣を継続でいる環境で過ごす方が体力的には楽になります。夜勤専従ならば日勤と夜勤が混在しているシフトよりも余裕を持ちながら仕事ができます。

次に、「夜勤専従は体力的に辛いという考え方」です 労働科学研究所のストレス研究グループは次のような研究結果を発表しています。 「昼間の睡眠では良質な眠りを取得できず、充分に体力回復が望めない」ということです。

この傾向は夜勤の労働時間が長くなればなるほど顕著になるとされています。 その逆で、夜勤明けの昼間に起きていて、夜に眠った場合には良質な睡眠とは言えないけれども基準に近づいた良質な睡眠がとれるようです。こういったことから不規則な生活リズムでも「できるだけ夜に眠る日があったほうがよい」という報告もあります。

以上、今回は、夜勤専従看護師の良い部分と悪い部分について考えてみました。