夜勤専従看護師のメリットやデメリットについて

夜勤専従看護師の良い部分と悪い部分

3交代制や2交代制が一般的な病棟看護師の仕事のシフトです。人によっては日勤のみや夜勤専従というった固定シフトの勤務もあります。個人の体質や考え方によって、どのシフトが良いのかは違ってきます。今回は、夜勤専従看護師の良い部分と悪い部分について考えましょう。
公益社団法人長野県看護協会

「夜勤専従の方が楽という考え方」と「夜勤専従は体力的に辛いという考え方」です。

まずは「夜勤専従の方が楽という考え方」です。 もともと看護師業務が体力的にハードであるという理由は、夜勤シフト勤務があるせいではないのです。 看護師の体力や気力をなくしてしまう原因は日勤と夜勤が混在しているシフト勤務でしょう。 人間にとってサーカディアンリズムが重要だからです。

サーカディアンリズムとは活動時間と睡眠時間のリズムのことです。 1日25時間が人間の体内時計です。 ですから朝日を浴びて時間がリセットされない限り、眠る時間は毎日1時間ずつ遅れてきます。 人間に向いていないのはこのリズムを狂わせるシフト勤務なのです。

例えば、日勤>深夜勤というようなシフト勤務を考えてみましょう。 夕方に日勤が終わって深夜まで眠りたくても難しいと思います。 朝7時に目覚めた人が夕方6時に眠るのは無理な話で、眠る時間を遅らせる方向には調整できても逆は困難です。それは人間のサーカディアンリズムに対し逆循環になるからです。
夜勤専従看護師に強い求人サイトは?

理想的には毎日朝起きて夜眠るのがベストです。 ですが勤務でそれが不可能ならばサーカディアンリズムに反しない生活習慣を継続でいる環境で過ごす方が体力的には楽になります。夜勤専従ならば日勤と夜勤が混在しているシフトよりも余裕を持ちながら仕事ができます。

次に、「夜勤専従は体力的に辛いという考え方」です 労働科学研究所のストレス研究グループは次のような研究結果を発表しています。 「昼間の睡眠では良質な眠りを取得できず、充分に体力回復が望めない」ということです。

この傾向は夜勤の労働時間が長くなればなるほど顕著になるとされています。 その逆で、夜勤明けの昼間に起きていて、夜に眠った場合には良質な睡眠とは言えないけれども基準に近づいた良質な睡眠がとれるようです。こういったことから不規則な生活リズムでも「できるだけ夜に眠る日があったほうがよい」という報告もあります。

以上、今回は、夜勤専従看護師の良い部分と悪い部分について考えてみました。

認定看護師の研修について

認定看護師は看護師の上位資格とも言われています。 そのため、看護師資格を取得したあとに日本看護協会により行なわれている認定看護師の資格試験を受ける必要があるのです。

ただ、この試験は希望者は誰でも受けることができるものではありません。 条件として、日本国内において保健師、助産師、看護師の資格を持っていること、そして通算して5年以上の実務研修を受けている必要があります。

認定看護師とはある特定の分野を極めていることの証明となるわけですが、実務研修5年のうち3年は認定看護分野の実務研修でなければなりません。

また、認定看護分野の実務研修ではなるべくその分野における患者数が多い医療機関を選択することが望ましいとされています。

この実務研修期間というのは、その分野の知識をより深く学ぶための期間です。 そのため、ただ関連機関で働いていたというだけでは研修として認められません。

例えば、がん化学療法看護の分野を選択したいと思っているのであれば、「がん化学療法を受けている患者の看護を5例以上担当した実績を有すること。」というように教育課程入学時に望まれる勤務状況が設定されています。

このような条件を満たしたうえで資格を取得するというのはとても大変なことですよね。 苦労して取得した資格を活かすためにも、資格手当などが用意されている職場を選びたいところです。

中にはせっかく認定看護師の資格を取得しても一般看護師と同じ扱いをされてしまう職場もあります。しっかり資格が活かせる職場を探したいということであれば、転職支援サイトを利用しましょう。

ハローワークなどでも看護師の求人情報を探すことは可能ですが、看護師専門の転職支援サイトを使ったほうがより専門看護師の資格を活かして働ける職場が見つかりやすくなるはずです。

資格手当がつく職場を探す際にも転職支援サイトが役立つので、コンサルタントの力を借りながら自分に合った職場探しをしましょう。

認定看護師になるメリット・デメリット

認定看護師の資格を取得するためには看護師としての経験を磨くことはもちろん、改めて様々なことを学ばなければなりません。

実際に認定看護師の資格が手に入るまでには長い時間がかかるわけですが、そうまでして認定看護師資格を取得するメリットはどこにあるのでしょうか。また、気になるデメリットについてもご紹介します。

認定看護師になるメリットとして特に大きいのが収入に関することです。 資格手当がつく職場が多いので、給料がアップするというのは大きなメリットですね。

注意しなければならないこととして、手当がつくのは認定看護師を求めている職場に限られるということ。つまり、仕事の内容が認定看護師ではない看護師でも問題なくこなせるものである場合、認定看護師資格を持っていたとしても特別手当がつかないケースのほうが多いです。

次に、認定看護師資格を習得することによってより責任の重い重要なポジションを任せられる可能性が高くなります。これにより役職手当がつく可能性もあるので、収入面に関するメリットは大きいです。

続いてデメリットもチェックしてみましょう。可能性として挙げられるのが、給料が下がってしまうということ。これは必ずしもそうなるというわけではないのですが、認定看護師の資格手当がついても病棟手当などがつかなくなってしまった場合に給料が下がってしまう可能性が考えられます。

認定看護師として成功したいと考えているのであれば、まずは認定看護師を求めている職場で働くことがなによりも重要だと言えるでしょう。そのような職場で働くことができれば、自分が学んできた知識や経験を最大限に活かせるだけでなく、働きに見合った収入を得ることができます。

こういった職場を探す際には転職支援サイトを利用してみましょう。 認定看護師を求めている職場を探すお手伝いをしてもらうことができるので、自分一人の力では見つけることができなかった厚条件の求人を紹介してもらうことができるかもしれません。